すべてのコメントは英訳されて毎日クリス・ヒーロー本人に届けられます。投稿できない場合はお気軽にメッセージをこちらまでお送りください。



2014/11/18

山口、沼津、長野大会

ワオ、山口ですごいことが起こった。グローバルリーグの第5戦でマイバッハ谷口と対戦することになりました。山口では長らく試合をしていませんでした。でも、入場するとみんなエキサイトしているようでした。たくさんのファンが拍手で迎えてくれて、「ヒーロー」コールも起きました。予想通り、拳王と大原が出てきて、僕に敵対しました。彼らに気を取られていると、マイバッハが後ろから刺又で攻撃してきました。これで倒されてしまい、回復するまでに時間がかかりました。空中殺法で谷口をかわし、反撃に回るとファンは喜んでくれました。(僕はドラゴンゲートや闘龍門で活躍したスカイデことホーヘー・リベラからメキシコで3年間トレーニングを受けているので、空中殺法ができるのです。)これによって、3対1の不利な場面を切り抜けました。大原は谷口に叫び声をあげて、僕のエルボーパッドとテーピングを外すようにマイバッハに命令しました。僕の腕の痛みはよくなっていましたが、怪我を悪化させれらることは避けなければなりません。僕が場外を歩き回ると、超危暴軍の3人は小さなネズミのように逃げ回りました。リングに戻り、デスブローを試みましたが、気を抜いていました。拳王がレフリーの隙をついて、剣道の竹刀で僕の頭を叩いたのです。僕はレフリーをかばおうとしましたが、レフリーも倒されました。また刺又で攻撃してきて、谷口は金属の凶器でトップロープから僕を投げつけました。痛い!しかし、谷口は油断していました。ローリングエルボーを彼に当てることに成功したのです。拳王と大原をエルボーで倒し、ネックロック、首ひねり、そして、デスブローと名付けた側頭部へのエルボーで谷口を倒しました。ファンの応援は強い味方になりました。ファンが応援してくれるたびに試合を攻勢に持っていくことができました。試合に勝ってグローバルリーグの成績を2ポイント上げることができました。ファンの応援がなかったら、このように勝つことはできなかったでしょう。今ツアーで一番いい気持ちで試合を終えることができました。

10月30日には沼津で、モハメド・ヨネ選手とグローバルリーグ公式戦で対戦しました。ヨネ選手はキックのコンビネーションが得意で、力もあり、技術もあります。普通のレスラーの場合、力か打撃のどちらかを気を付けていればいいのですが、それは通用しませんでした。ヨネは今まで見た中一番攻撃的でした。おそらく、グローバルリーグでのこれまでの成績に不満を持っていて、僕に勝たねばならないと思ってリングに上がってきたのでしょう。すぐに僕は右ストレートのパンチで攻撃しました。僕はこのパンチを「デック・マードック」と呼んでいます。この攻撃で一瞬ヨネを半失神状態に追い込んだと思います。もし1秒早くフォールにもっていけていたら、試合に勝てたと思います。でも、面白いのは、半分失神していても、レスラーはカウント2で返せるということです。気絶していても、レフリーのカウントワンのマットを叩く音と声が警告音のようになって、カウント3入る前に返せるのです。だからといって、大丈夫というわけではありません。むしろ、危険な状態なので、ダメージが悪化する前に負けを認めてカウントを取らせた方がいいかもしれません。ははは。プロレスとは時として不思議なものです。

ともかく、ヨネは僕の足、胸、そして頭をキックし、あざだらけにしました。そして、試合の終わりの筋肉バスターを返すことはできませんでした。ヨネはこの勝利でグローバルリーグでの連敗を止めました。一生懸命闘いましたが、グローバルリーグでの成績が3勝3敗となってしまったので、負けはとても残念でした。

11月1日には両国国技館でのWRESTLE-1の大会を観に行きました。友人が何人も参戦したので応援に行きたかったのです。KAZMA SAKAMOTOには何年も前にアメリカで会いましたが、フロリダでFCWとWWE NXTで一緒になってからはもっと親しくなりました。彼は才能とカリスマのあるレスラーだと思います。彼の試合でつまらなかったことは一度もありません。TNAから参戦していたDJ Zemaは彼が十代のころピッツバーグ近郊で試合をしていた時から知っています。その後何年かして、このように成熟した才能のある若きレスラーに成長する姿を見届けることができて誇りに思います。彼も日本のプロレスの大ファンで、メキシコでも活動しました(かつてかれはShiima XionとしてDDTで試合をしたこともあります)。プロレス外では彼はシカゴのナイトクラブで活躍する有名なDJであり、パフォーマーでもあります。アルベルト(ドス・カラスJr.)にも会ってから何年かになります。いつも僕に親切にしてくれます。彼はNXTで試合をしたことがあります。彼はルチャリブレ史上もっとも有名な家族の出身なので、彼とルチャについて語り合うのはいつも楽しみです。彼の弟もNXTに僕と同時期にいました。彼はいつか偉大なルチャドーラとなると思います。彼は現在、エル・ヒージョ・デ・ドス・カラスとして試合をしています。WRESTLE-1の大会は楽しかったです。僕のお気に入りの試合は田中将人対KAIでした。もっともエキサイトしたのはメインイベントでした。観客は叫ぶようにして武藤さんの応援をしていました。ファンがどれほど武藤さんを愛しているかを見て感銘を受けました。武藤さんがタイトルマッチで勝ってとてもうれしかったです。1989年、僕が9歳のころ、生まれて初めて観た日本人選手が、当時NWAとWCWで活躍していたグレート・ムタでした。彼のムーンサルトに圧倒されました。それから何度か生で試合を観れたのは僕の誇りとなっています。

11月2日には長野でザック・セイバーJr.、小川良成と組み、シェーン・ヘイスト、スーパー・クレイジー、ペサディーヤ組と対決しました。その日は小川さんの誕生日だったので、ファンはたくさんの紙テープを投げました。その試合に参加できてよかったです。試合は短かったですが、エルボーとジャンピングキック、ジャックナイフをつかった合体技を繰り出すことに成功し、勝つことができました。小川さん、お誕生日おめでとうございます!

その後は'Big in USA'のタッグチームパートナーである、コルト・カバナの試合を観ました。対戦相手は大日本プロレスの怪物、関本大介でした。ワオ!すごい試合でした。ファンは大興奮でした。コルトの今ツアーでの最高試合だと思いました。試合に勝てませんでした。関本選手は現在世界で一番タフなレスラーだと思います。試合後、コルトは僕が博多で杉浦選手に負けた時のような心境でした。負けとはいえ、素晴らしい試合をしたアメリカからの兄弟ともいえる、コルトを誇りに思いました。

このブログを読み続けてくれているファンのみんなに感謝したいです。ツアーは終わりましたが、ツアーの感想をまた書きます。いつも応援してくれてありがとう!


Wow.. Something special happened in Yamaguchi. I was set to have my 5th Global League match, this time versus Maybach Taniguchi.  I've not wrestled in the Yamaguchi prefecture in a long time but the fans seemed excited to see me as they crowded the entrance way. There were a lot of claps from the rest of the crowd and occasional "HERO" chants.  As expected, Kenou & Ohara came out and begun to antagonize me.  Foolishly I turned my attention to them and Maybach attacked me from behind with his dreaded sasumata. I had the wind knocked out of me and it took a few moments to recover. I used a bit of my aerial techniques to evade Taniguchi and gain the advantage to the delight of the fans (I spent 3 years training lucha libre with maestro Jorge Rivera aka Skayde of Dragon Gate/Toryumon therefore I'm able to execute some unique high flying techniques).  I was then overcome by a 3-on-1 advantage. Ohara screamed to Taniguchi to remove my elbow pad and bandaging.  Fortunately my arm has been feeling better but the last thing I needed was for Maybach to cause me further injury. The tide was soon to turn as I dove to the floor and sent the 3 members of Choukibou-gun scurrying like little rats. I was back in the ring attempting my Death Blow when I lost focus for a moment. Ken Oh cracked me in the back of my head with his kendo stick behind the referee's back. Shortly thereafter, despite my attempts to keep him safe, the referee was knocked to the mat.  Once again the sasumata came into play and Taniguchi flipped me off of the top rope with the steel weapon.  Ouch.  He was overconfident though and I was able to capitalize with a Rolling Elbow.  I took out Kenou & Ohara with Elbows before completing the necklock, twist & elbow to the side of the head that I refer to as the 'Death Blow'.  The passion of the fans in attendance really helped me. Whenever they would start to get loud I would do my best to gain some momentum on Maybach. I won the match and gained 2 more points in the Global League but I couldn't have performed so well without of the support of the fans that night.  This is the best I felt all tour long.

October 30th I would step in the ring with Mohammed Yone in Numazu for another Global League challenge.  Yone is a very tough competitor as he is both strong and very skilled when it comes to kick combinations. With many wrestlers you usually only have to worry about power OR kicking ability but I would have my work cut out for me this night.  It seemed that Yone was more aggressive than I had ever seen him.  I guessed that he was disappointed in his performances thus far in the Global League and he stepped into the ring with me feeling that he had something to prove.  I've been utilizing a straight right-handed punch that I can connect with in an instant.  I call this punch 'Dick Murdoch'.  I blasted Yone with this punch and thought for a second that I rendered him temporarily unconscious.  If I could have wrapped him up in a pin a split second sooner I think I would have won. The interesting though, though, is that you can kick out of a pin even if you are unconscious.  I've been completely OUT and the sound of a referee slapping the mat and yelling ONE serves as a bit of an alarm and you're able to break the pin by instinct. This doesn't mean you're okay. In fact, it usually means that you're a little too stubborn and probably should have just accepted the loss without receiving more damage, haha.  Wrestling can be such a funny thing sometimes.

Anyway!  Yone blistered my legs, chest and head with a variety of kicks.  And the end of the match I was unable to successfully avoid the Muscle Buster and Yone ended his Global League losing streak.  I knew I fought hard but I couldn't help but be disappointed as I knew I was no longer in the running to win the Global League with a 3-3 record.

I attended the WRESTLE-1 show on November 1st at Ryogoku Kokugikan.  I had some friends on the show and I wanted to support them. I met Kazma Sakamoto in the US years ago but we became closer friends when both of us were in FCW & NXT in Florida.  I think he's a very talented and charismatic wrestler.  I've never seen him in a match when he wasn't entertaining.  I've known TNA's DJ Zema since he was a teenage Independent wrestler in the Pittsburgh area.  I'm proud to have seen him grow up over the years and mature into such a gofted young man.  He's also a huge fan of Japanese wrestling (wrestling previously as Shiima Xion for DDT) and has spent a lot of time in Mexico.  Outside of wrestling he's actually an accomplished DJ & performs at a lot of nightclubs in the Chicago area.  I've known Alberto Del Rio/Dos Caras Jr. for a few years now and he has always been kind to me.  We wrestled before in NXT & I always like to discuss Lucha Libre with him as he's from  probably the most famous wrestling family in Lucha Libre history.  His little brother was also in WWE Developmental with me and one day I think he will be a standout luchador.  He currently performs as El Hijo de Dos Caras.  I enjoyed the WRESTLE-1 show. My favorite match was Masato Tanaka vs KAI.  The most exciting match, to me, was the main event.  People were SCREAMING for Mutoh-san.  It really impressed me how much the fans genuinely love him and I was very happy that he won the championship.  I was 9 years old in 1989 & and while watching NWA/WCW, The Great Muta was the first Japanese wrestler I had to privilege to see perform.  I was completely in love with his Moonsault.  I've been able to see him wrestle a few times live and it will always been an honor.

November 2nd in Nagano I was set to face Shane Haste, Super Crazy & Pesadilla alongside the team of Zack Sabre Jr & Yoshinari Ogawa.  It was Ogawa-san's Birthday so the fans in Nagano showered him with streamers.  It was really nice to be a part of that.  The match was short but we were able to use a little teamwok- an Elbow, a jumping kick & a jacknife pin- to pick up the win.  Happy Birthday Ogawa-san!

After the match I watched my 'Big in USA' partner Colt Cabana face off with the Big Japan monster Daisuke Sekimoto.  Wow. What an incredible match.  The fans were so LOUD!  I really thought it was Colt's strongest performance in the tour.  He wasn't able to get the victory but I genuinely think that Sekimoto is the toughest wrestler in the world right now.  After this match, I think Cabana felt just as I'd felt following my match with Sugiura at Hakata. Regardless of the loss I was very proud of my American brother.

I want to thank the fans for continuing to follow my blog.  The tour is obviously finished but I will finish with my thoughts on the tour. I appreciate your support and patience!

1 件のコメント:

  1. グローバルリーグ、優勝は逃してしまったけど素晴らしい試合ばかりですごく良かったです!
    NOAHファンからもあなたの活躍を称賛する声がたくさん聞こえて来て、ファンとしてはとても誇らしく嬉しかったです(^ ^)v
    下関でのマイバッハ選手との対戦は目の前で見れたので本当に感動したし、会場のファンしか見られなかったのがもったいないぐらいの素晴らしい試合でした!
    拳王選手も最近のインタビューで「マイバッハは負けたけど、超危暴軍としてもすごく有意義な内容で、客も盛り上がってたし素晴らしかったと思う」と言っていましたよ!
    久しぶりにあなたに会えて本当に嬉しくて、試合も本当に素晴らしくて、感極まってしまいました(^ ^;)
    売店であなたの方から声をかけてくれた時はほんとに感激しました☆
    来年またNOAHのリングであなたの勇姿を見られる日を楽しみにしています!
    必ずアメリカ人初のGHC王者になって下さいね。
    それまで体に気をつけて、世界中のリングで頑張って下さい!

    返信削除