すべてのコメントは英訳されて毎日クリス・ヒーロー本人に届けられます。投稿できない場合はお気軽にメッセージをこちらまでお送りください。



2014/10/25

田中将人戦ほか

グローバルリーグが続く中、楽しい数日を過ごしました。その後、僕のもの大好きな大阪に帰ってきました。大阪は食べ物や名所があってとても好きです。ボディーメーカーコロシアムで大会があり、8人タッグの試合に出場しました。僕のパートナーはシェイン・ヘイスト、ザック・セイバーJr.、小川良成で、対戦相手は杉浦、斎藤、平柳、原田組でした。杉浦選手に出会ってからもう何年にもなります。彼とは2006年にイギリスで会い、1PWという団体の試合で6ウェイマッチで闘いました。2011年にはドイツのwXwでKENTA選手と闘ったあと、杉浦選手がGHCタイトルをクライディオ・カスタニョーリを相手に防衛するのを観ました。

大阪での試合は短くも熱い戦いでした。シェーンが回転ダイブで相手を攻撃したので、僕も続いてリスクの高い必殺技を出しました。ハイジャンプでトップロープを超えて、場外にムーンサルトを放ったのです。この攻撃はかつて武道館でKing of WrestlingのタッグとしてGHCヘビー級タッグに挑戦した時に、高山選手に放ったものです。すごく難易度の高い技で難しいけれど、機会があれば使うようにしています。観客は喜んでくれました。試合の後半では2007年に武道館で対戦したこともある斎藤選手と闘いました。僕のローリングエルボーは当たりが悪く、斎藤選手をノックアウトすることはできませんでした。デスブローにつなげていこうとすると、斎藤選手の延髄切りが僕の脳天を掻っ切りました。この攻撃のダメージで、タッグパートナーにタッチするのがせいいっぱいでした。結局ザックが原田選手に寝技を決めて、僕たちのチームに勝利をもたらしました。1/4の貢献とはいえ、勝利できてうれしかったです。

自分の試合後は、永田選手対マイキー・ニコルズと中嶋選手対小島選手の試合を観ました。両試合ともすばらしかったです。カバナと丸藤選手の対戦も観ていて楽しかったです。マルは世界で最も頭のいいレスラーだと思います。彼は数々の反撃技や技術を編み出してきました。彼はGHCヘビー級王者にふさわしいと思います。そして、グローバルリーグの最終戦で彼と闘うことを願います。

熊本大会では、新たな復讐相手に立ちに向かいました。田中将人選手です。新人の時、田中選手とマイク・アッサムの試合をオハイオ州デイトンでのECWの大会「ヒートウェイブ98」で観戦しました。彼の試合にものすごく感銘を受け、彼の必殺技ダイヤモンドダストを決め技に使っていました。彼のローリングエルボーは、力強さと軽快さを組み合わせた美しい技だといつも思っていました。僕がエルボーを使うのは三沢さんの影響ですが、田中選手のエルボーの技術も勉強しなかったといったら嘘になるでしょう。田中選手とは今年、ニューオリンズでのドラゴンゲートUSAの大会で対戦しました。真っ向から対峙して、田中さんに認めてもらえたかもとは思いますが、スライディングDで負けてしまいました。永田選手にグローバルリーグ初戦で負けたので、この試合には絶対勝たなければなりませんでした。今年初めの田中戦での敗戦で気合が入りました。熊本の観客は僕をリスペクトしてくれましたが、100%田中選手を応援していました。田中選手は僕のスタイルをすでに知っているので、新たな技を繰り出さなければなりませんでした。ニューオリンズの試合ように最初はローリングエルボー対ローリングエルボーでした。試合中盤では、両者が同時にローリングエルボーを打って、あわやダブルノックアウトになるところでした。そのすぐ後、田中選手のキックをとらえて、足を押さえつけ、ニーストライクを決めました。これが田中選手の動きを止めたので、ローリングエルボーを決めることができました。田中さんがふらふらする中、回転して「ダイビングD」を田中さんの後頭部に決めました。レフリーがカウント3を数えました。

試合後、田中さんへのリスペクトを示すべく、熊本のファンの前で「また対決をしてください」といいました。田中さんに再び勝つのは簡単ではありませんが、努力すれば強くなり、最強の相手にも勝てることを知っています。田中選手は今まで闘った中で間違いなく最もタフなレスラーの一人です。次は長崎、福岡、大分、山口で4連続の大会が開催されます。体調を管理して、コンディションを保つのは楽ではありませんが、長期のトーナメントに参加する以上覚悟をしないといけません。みんなに会場で会うのを楽しみにしています。僕を見かけたら声をかけてください。みんなのために、一生懸命闘って、最高の試合をお見せします。僕のファイティングスピリットは燃え続けます。ドウモアリガトウゴザイマス。-CH


We've had a fun couple of days here as the Global League continues. We were back in Osaka which is one of my absolute favorite cities to visit,  I love the food and the sights are lovely. We had an event at the Bodymaker Coliseum & I was scheduled in an 8-man tag team match.  My partners were Shane Haste, Zack Sabre Jr. & Yoshinari Ogawa & our opponents for the evening were Sugiura, Saito, Genba & Harada.  I've known Sugiura for many years.  We met in the UK in 2006 and wrestled in a 6-way for a company called 1PW.  We also wrestled in Germany for wXw & in 2011 after I wrestled KENTA, I watched Sugiura defend the GHC Championship in an incredible match versus Claudio Castagnoli.

This match in Osaka was rapid fire.  Shane connected with a tumbleweed dive onto our opponents so I took that opportunity to launch a high-risk maneuver of my own.  I dove over the top rope and out of the ring with the High Jump Moonsault.  I used this maneuver versus Takayama in the Kings of Wrestling's GHC Tag Team Title shot at Budokan Hall.  This maneuver is very difficult and dangerous but I like to pull it out every once in awhile. It seems to be a crowd favorite.  Later in the match I battled with Akitoshi Saito (who I met in the ring in my first Budokan show in 2007). My Rolling Elbow was not enough to knock him unconscious. As I prepared to connect with the Death Blow, Saito's boot ripped through the back of my skull with a deadly enzuigiru.  It took all of my power to tag out of the match.  Zack brought our team to victory with an arm submission on Harada.  I was happy to take a win even if I was only 1/4 responsible.

After the match I watched Nagata v. Mikey Nicholls & Nakajima v. Kojima.  Both very impressive matches.  I also enjoyed the encounter between Cabana & Marufuji.  I think that Maru is one of the most intelligent wrestlers in the world. He has innovated so many counters and techniques.  He is rightfully the GHC Heavyweight Champion & I hope to meet him in the Finals of the Global League.

In Kumamoto I would square off with a newer nemesis: Masato Tanaka.  As a rookie I watched a match between he and Mike Awesome live in Dayton, Ohio at ECW's Heatwave '98.  He was a huge inspiration & I would even go on to use his 'Diamond Dust' as my first finishing move.  I always thought his Rolling Elbow was a thing of beauty- a perfect combination of power & agility.  I use the Elbow because of Misawa-san but I wouldn't be truthful if I said I hadn't also studied Masato's technique over the years.  The two of us squared off earlier this year in New Orleans for Dragon Gate USA.  I feel that I held my own and earned his respect but the Sliding D put me & Masato Tanaka was victorious.  After having lost my first Global League match against Yuji Nagata I was desperate to pick up a victory. Losing Tanaka earlier in the year only made me more determined.  The fans in Kumamoto were very respectful to me but were clearly behind Tanaka-san 100%.  I knew that he had scouted my style so I had to use some newer maneuvers.  Just like in New Orleans it was Rolling Elbow versus Rolling Elbow. At one point we even connected with simultaneous elbows which sent us both crashing to the mat, nearly resulting in a double knockout.  Shortly thereafter I caught a kick from Tanaka and threw his leg down & came up with a knee strike. This stunned him & allowed me to hit a pair of Rolling Elbows.  With Tanaka-san crumpled to his knees, I spun in a circle and delivered my 'Diving D' to the back of his head.  The referee counted 1, 2, 3.

After the match I wanted to show my respect so I told everyone in Kumamoto that I wanted another match with Masato Tanaka.  It will not be an easy challenge but I know that if I want to become the best that I can be I need to face the toughest and the strongest.  He is definitely one of the toughest wrestlers I have ever been in the ring with.
Next up we have 4 consecutive shows in Nagasaki, Fukuoka, Oita & Yamaguchi. Staying healthy & in good physical condition will be a challenge but that is the type of risk you take when you enter a tournament like this.  I look forward to seeing you all at the shows. Please come and say hello.  I will continue to fight my hardest and do my best for all of you.  My fighting spirit continues to burn!  Domo arigatou gozaimasu!

-CH


2014/10/21

グローバルリーグ2014

 おお、今回のツアーはすごい形でスタートしました。

まずはじめに、このブログに書くのはものすごく久しぶりです。何年も僕を忘れずに応援してくれている日本のファンみんなに感謝いたします。2012年にWWEと契約をしましたが、21ヶ月後にリリースされました。WWEの本体に行けなくてがっかりしたファンもいたと思います。RAWやスマックダウンでアントニオ・セザロことクラウディオ・カスタニョーリと合流してKings of Wrestlingの復活を願った人もたくさんいました。僕も、ダニエル・ブライアンやセス・ローリンズと並んで、WWEのトップになることを望んでいましたが、人生はなかなか思うようにはいかないものです。僕は楽天家なので、また世界中を回れるのだと考え、すごく喜んでいます。実際、WWEを離れてから7ヶ月間、毎週2,3試合こなし、ヨーロッパ、カナダで試合をし、そして、ノアのグローバルタッグリーグ2014にやってきました。自分の愛するプロレスを世界中でできて、ものすごく幸運に思います。

僕にとってのグローバルリーグ初戦はきつかった!2009年に潮崎豪と後楽園でシングルで対戦しましたが、それ以来のタフな相手、永田裕志選手が相手でした。永田さんは、ヘビー級の強豪でありながら、KENTA選手や中嶋選手のようにすばやいキックもできる非常に特殊な選手です。今回のツアーでは、入場曲をボニー・テイラーの「Holding out for a Hero」に変えました。曲のリズムがファンを盛り上げて、エネルギーのある入場になると思ったからです。ファンの手拍子が力を生み出して、試合が始まると最高潮になると思ったのです。

後楽園のファンのヒーローコールと拍手、応援に、本当に感銘を受けました。10年前、大日本プロレスでのデリリアス、MASADA、ヒーロー組対怨霊、メンズテイオー、リッキーフジ組の試合で後楽園のファンは初めて僕を観ました。あの頃より僕ははるかに成長したけれど、1998年に18歳でデビューしたときよりもプロレスをもっと愛しているということは間違いありません。

試合開始の手探りの後、永田選手は50%ぐらいキックで僕を攻めました。同時に僕の戦略を探っていたと思います。その瞬間を狙って、全力でぶち当たりました。僕が、前GHCヘビー級チャンピオンの永田選手をエルボー一発でダウンさせたのにはみんな驚いたと思います!エルボーとビッグブーツで攻撃を続けました。永田選手は長年の経験を使って攻勢に回りました。この相手は僕がかつてWCWで観た選手であり、かつてのIWGPヘビーの王者であり、また、去年のグローバルリーグの覇者でもあります。でも、試合が進むにつれて緊張がほぐれてきました。これなら勝てる、と思いました。

ローリングエルボーで勝ちに近づきました。彼の表情を見て、意識を一瞬失ったのが分かりました。もう一回エルボーを続けて打ったら、ひょっとして勝てたかもしれません。永田選手はしかし、回し蹴りで僕を先頭不能寸前に追い込みました。警戒する間もなく、永田選手はジャーマンスープレックスで僕の首をたたきつけ、一瞬心が折れかけました。

でも、ここで終われない!残った力を振り絞って、なんとか肩を上げました。立ち上がって、永田選手に向かって叫びました。完全にノックアウトしないと僕には勝てないというメッセージを伝えたかったのです。

そして、彼はバックドロップを決めました。ワン、ツー、スリー。。。

控室まで歩きながら、悔しい思いをしました。試合に勝てたはずなのに。。。ファンが温かい声援を送ってくれて、グローバルリーグはまだまだ続くということを思い出しました。負けてがっかりしている暇はありません。次の試合に集中しないといけないのです。田中将斗、マイキー・ニコルス、杉浦貴、マイバッハ谷口、モハメド・ヨネ、クワイエット・ストームといった敵がいます。楽な相手ではありませんが、僕が世界で最も強いレスラーであるということを証明していきます。

グローバルリーグで優勝したアメリカ人はいません。

GHCヘビー級王者になったアメリカ人もいません。

この目標を胸にツアーを邁進します。

僕のローリングエルボーは最も強い。

僕のファイティングスピリットは最も輝いている。

応援ありがとう!次の大会で会いましょう。
-CH


NOAH Wow... This tour has already started off with quite a bang.

First, it's been a long while since I've written one of these blogs. I want to thanks all of my Japanese fans who have continued to support me over the years. I signed a contract with WWE in 2012 & was released after 21 months. I know that some are disappointed that I was unable to make my way to the main roster. Many hoped that I would join Antonio Cesaro/Claudio Castagnoli on Raw & Smackdown one day to reform the Kings of Wrestling. I had hoped to work my way to the top of the company alongside talented wrestlers like Daniel Bryan & Seth Rollins but unfortunately, in life, things don't always work out exactly the way we envision them. Optimistically, I was incredibly pleased to resume traveling the world. In fact, in my first 7 months back on the Independent wrestling scene, I wrestled 2-3 times a week, every week including various tours of Europe, Canada & the 2014 NOAH Global Tag League. I consider myself extremely to be able to continue to do what I love, at a high level, all over the world.

This is my first ever singles League & my competition is TOUGH! My first opponent, Yuji Nagata, may have been the toughest opponent I've had in Japan since my 2009 singles match at Korakuen versus Go Shiozaki. Nagata-san is a very unique wrestler because he is a strong heavyweight but he utilizes quick and effective kicks much like KENTA or Nakajima. I decided to change my music, this tour, to "Holding out for a Hero" by Bonnie Tyler. I think the beat of the song excites the fans & helps me create an energetic entrance. The clapping from the fans helps me build momentum that I hope to capitalize on when the match starts.

I was nearly overwhelmed by the HERO chants, the clapping and the support in general by the Korakuen crowd. You fans saw me 10 years ago when I made my Korakuen debut for BJW teaming with Delirious & Masada to take on Onryo, MEN'S Teioh & Ricky Fuji. I've grown up a lot since then but I can assure you that I love professional wrestling even more than I did when I broke into this sport as an 18-year-old boy in the fall of 1998.

After getting a feel for my opponent, Nagata kicked toward me at about 50%. I believe he was also trying to see what my strategy was. I took this moment to come at him full force. You can imagine my surprise when I knocked the former GHC champion down with a single elbow! I continued my assault with elbows and boots. Nagata used his experience to take over on me. This is a man who I had watched in WCW.. a former IWGP champion & last year's Global League winner.. As I fought back, I was no longer nervous. This is a man I could beat.

I nearly got the win with a Rolling Elbow. I noticed by his body language that he had momentarily lost consciousness. Perhaps if I would have connected with a second consecutive elbow I could have gotten the victory. Nagata-san connected with a spin kick that nearly put me out of commission. Before I knew it, a German Suplex sent me onto the back of my neck and for a second I just wanted to end the match.
I couldn't do that! I used every bit of energy I had to kick out of that pin. I stood straight up and screamed into Nagata's face. I wanted to send him a message that if he wanted to beat me he would need to knock me out completely..

And that's what he did. Back drop hold. 1, 2, 3...
On my way back to the locker room I was very disappointed. I knew I could have won the match. The fans cheered in support of me and it reminded me that this is a long tournament. It won't help me to be disappointed right now. I have to focus on my next matches. Masato Tanaka. Mikey Nicholls. Takeshi Sugiura. Maybach Taniguchi. Mohammed Yone. Quiet Storm. This won't be easy but I will prove that I am one of the toughest wrestlers.

An American has never won the Global League.

An American has never won the GHC Heavyweight Championship.

I will use this to motivate me as the tour continues.

My Rolling Elbow is the strongest.

My Fighting Spirit burns the brightest.

Thank you all for your support! I will see you at the shows.

-CH

2012/06/12

近況

みんなこんにちは!お久しぶりです。ごぶさたしています。このブログを読んでくれている日本のファンに更新が遅れたことをお詫びします。いろいろあって、大変忙しく過ごしてきました。でも、このブログの更新ができないほど忙しいのはとてもつらいことでした。変わらずの応援ありがとうございます。ここに近況をお伝えします。

今年の2月、WWEと契約を結びました。フロリダのタンパに住居を移して、今、WWEのデベロップメント団体のFCW(Florida Championship Wrestling)で試合をしています。簡単に言うと、FCWはレスラーがRAWやスマックダウンで闘う準備をする場所です。ほとんどのWWEのスターたちはこのデベロップメントのテリトリーで調整をしてきました。ジョン・シナ、ランディー・オートン、ブロック・レスナー、CMパンクなどはOVW(Ohio Valley Wrestling)というデベロップメント団体を経て、シェーマス、コフィー・キングトン、ヨシタツなどはFCWを経て、WWEのメインのレスラーとなりました。

僕の前のタッグパートナー、クラウディオ・カスタニョーリはアントニオ・セサロという新しいリングネームですでにスマックダウンで試合をしました。そして、いろいろな進展がありました。

まず、僕はクリス・ヒーローではなくなりました。僕は現在、「カシアス・オーノ」というリングネームで試合をしています。カシアスという名前は偉大なるモハメド・アリからの影響です。アリはイスラム教に改宗する前、カシアスという名前だったのです。では、オーノとはどういう意味でしょうか?相手の頭を刈り倒すような僕のローリングエルボーを見てくれれば分かるかもしれません。これは、愛する日本への思いを伝えるためにつけた大野という日本名なのです。(日系スケーター、アポロ・オオノから取っています。)

というわけで、僕の新しい旅がはじまりました。僕はもうすぐWWEのスーパースターになります。ここに至るまで長年の激しいトレーニングと犠牲が必要でした。でも、自分の好きなことをしているのだから、当然のことです。日本が恋しいです。日本で最後に試合をしてから1年以上になります。次に日本に行くときはWWEのスーパースターとして行きます。考えただけで興奮します!変わらないファンの応援は、ファイティングスピリットを持続する力をくれます。僕の第二の故郷に戻るのを楽しみにしています。「Oh No! オーノ!Oh No!」というコールを観客が始めると、僕は相手をローリングエルボーでノックアウトします!

このブログの記事を、僕の亡き友人バイソン・スミスに捧げたくと思います。彼は大きな体と大きなハートを持った人でした。海外のツアーで僕にたくさんのことを教えてくれました。見た目は大きくておっかないガイジンレスラーだったけど、内面では思いやりがあって、尊敬すべき人でした。バイソンのことをいつも思っています。そして、僕は、嘘偽りなく、彼が日本をどれほど愛していたかを知っています。ファンが彼にパワーを与え、彼がそれをどれだけ感謝していたことか。彼はなぜ死んでしまったのだろうか、と思うと同時に、彼のようにすばらしい人とたくさんの時間を過ごせたことを幸運に思います。どこへ行くときも僕は彼の魂と一緒です。バイソーーーン!
こちらが、FCWでの試合のリンクです。
http://www.youtube.com/playlist?list=PL6746DC76B02B5E28

僕がインタビューで着ているシャツに注目してください。ありがとうみんな、また会えるのを楽しみにしています!

アリガトウゴザイマス。

~KO


Hello friends! It has been a long time. Too long. I want to apologize to any of my Japanese followers that have missed my blogs. I have been very busy these days but I never want to be too busy for those that make it possible for me to do what I love. Thank you for your continued support. Here is my update.

In February of this year I signed a contract with WWE. I now live in Tampa, Florida and am wrestling for WWE's Developmental system, FCW (Florida Championship Wrestling). Basically, we at FCW are being prepared to wrestle on RAW or Smackdown. Most of WWE's top stars have fine tuned their abilities in these developmental territories. John Cena, Randy Orton, Brock Lesnar & CM Punk came through Ohio Valley Wrestling (OVW). Sheamus, Kofi Kingston & Yoshi Tatsu all performed for FCW prior to joining the main WWE roster.

My former partner Claudio Castagnoli now wrestles on Smackdown as Antonio Cesaro. This brings me to another bit of news.

I am no longer known as Chris Hero. I now wrestle under the name "Kassius Ohno". My inspiration is the Great Muhammad Ali. Before he embraced Islam, his name was Cassius. And Ohno? Maybe it will make sense when you see my Rolling Elbow figuratively cutting the heads off of my opponents. It is a bit of a tribute to the connection I feel with the country of Japan.

Now my new journey has started. I will soon be a WWE Superstar. It has taken many years of sacrifice and hard work but it's what I love and therefore has been an easy decision to make. I miss Japan. It's been over a year since the last time I have performed in Japan and the next time I enter the country will be as a WWE Superstar. That excites me very much! The support of my dedicated fans always gives me the strength to find my fighting spirit. I look forward to returning to my home away from home. When I hear "Oh No, Oh No, Oh No" from the crowd, you can be sure that I will bring each of you with me as I knock my opponent out with a Rolling Elbow!

I want to dedicate this blog to the memory of my fallen friend, Bison Smith. He was a huge man with an even bigger heart. He taught me a lot in my overseas tours. I know he seemed to be a big scary gaijin wrestler, but deep down he was compassionate and respectful. I think of Bison all of the time and I KNOW how much he loved Japan. The fans gave him so much energy and he always appreciated them for it. As much as I wish he was still here with us, I consider myself lucky to have been able to spend so much time with such a great man. I will bring his spirit with me wherever I go. BAI_SONNNNNN~!

Here are some videos from my matches in FCW. Pay close attention to the shirts I wear in the interviews.

http://www.youtube.com/playlist?list=PL6746DC76B02B5E28

Thank you all and I hope to see you soon!

Arigatou Gozaimasu

~KO

2011/05/20

クリス・ヒーロー・インタビュー Chris Hero Interview

みなさん、クリス・ヒーローのインタビューのためのご質問をお送りいただきありがとうございました!5月14日にノアのイギリス遠征の中盤にインタビューを収録しました。Youtubeの映像の右下のCCというボタンをクリックしていただくと日本語の字幕が表示されます。質問がたくさん集まりすぎてすべて聞くことができなかったことを心よりお詫びいたします。「レスリングギアに星をよく使っているのはなぜか?」(星型が好きだからだそうです)とか「彼女や奥さんはいるのか?」(どちらもいないそうです。)、「好きな音楽は何か」(ヒップホップだそうです)など他にも収録し切れなかった面白いご質問をたくさんいただきました。収録したインタビューでは主に日本のことと、プロレスのことについて聞いています。ご感想をいただけたら大変うれしく思います。ハイデフィニションなので、Youtubeで直接ご覧になっていただいた方がよいかと思います。



クリス・ヒーロー・インタビューパート1 Chris Hero Interview Part 1

クリス・ヒーロー・インタビューパート2 Chris Hero Interview Part 2

クリス・ヒーロー・インタビューパート3 Chris Hero Interview Part 3

クリス・ヒーロー・インタビューパート4 Chris Hero Interview Part 4

2011/05/08

コメント投稿の不具合

投稿していただいたコメントがブログ上に表示されないことがたびたびあるようですが、こちらにはEメールで全部届いております。ご心配をおかけして申し訳ありません。

2011/05/04

KOW on SamuraiTV

こちら。以下で言及しているインタビューとは別です。

2011/05/01

管理人より:クリス・ヒーローへの質問募集

いつもこのブログを読んでくださりありがとうございます。みなさんの励ましのメッセージも大変感謝しております。クリス・ヒーローから日本のファンへのお礼として、近々ここにインタビューを掲載する予定です。そのための質問をみなさんから募集いたします。試合のことやプライベートのこと、プロレス関係のマニアックな質問まで何でもOKです。質問が集まりすぎた場合はこちらで選ばないといけませんが、いくつでもお聞きください。締め切りは5月11日です。こちらに投稿していただくか、メールでお送りください。アドレスはvff11212@hotmail.co.ukです。インタビューの掲載までしばらく時間がかかると思いますが、5月、6月中にはここに載せる予定です。よろしくお願いいたします。

P.S. 以下のクリスヒーローの今ツアー最後のメッセージも忘れずにご覧ください。